2015年3月14日(土)16時〜
東伯講演会イナリコード「月の雫と龍宮の使い」in京都法然院0314のお知らせ

東伯講演会 イナリコード in京都法然院0314

「月の雫と龍宮の使い」

あの方丈の間での神秘の舞から2年、再び、法然院での講演会が実現!

今回のイナリコードは、奈良東大寺若狭井の「お水取りの謎を解く!」で、

若狭神宮寺の「鵜ノ瀬のお水送り」との関係から

「月の雫(しずく)」と「龍宮」の仕組みを解きます。

日本有数の原発を有する若狭・・・

その現状からも私たちは考えねばならぬことがあると思います。

「龍宮の使い」が伝える新たな時代への準備・・・

来るべき時に備えて私たちの心身だけでなく

日本国も含めての「蘇り」、「新たな生命の出発」となる本年。

春の夕刻、京都の法然院にて、次なる時代への示唆が行われます。

そのひと時をご一緒しましょう。

●日時/ 2015年3月14日(土曜日) 16時より受付開始。

●開演/ 16時30分   終了/20時30分(予定)

講演と合わせて、太礼社中の舞を予定しております。

●場所/ 法然院『大書院 見晴らしの間』

(京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地)

 ※駐車場はありません。バス・タクシーを利用ください。

●講演/『太礼道神楽伎流』宗家 東伯(とうはく)

●主催/『東伯俱楽部』

●会費/ 5000円 (事前振込み制。当日は5500円)

※準備の都合上、3日前までのお申込み→事前振込みをお願い致します。

●お問い合わせ・お申込み/太礼道神楽伎流事務局 奥田沙羅葉(さらは)

 sararaseiten5719@softbank.ne.jp

※※※ お申込み/メールにて下記の項目をお知らせください。

●お名前 /●お住まい地/●ご連絡先/(お電話 携帯 メールアドレス)

77660215_159s