2014年06月22日(日曜日)13時より
★★★イナリコード講演会 in 奈良・華甍★★★

今年2回目の東伯講演会のお知らせです。

今回は現代の実際の出来事を、イナリコードを用いて読み解きます。

私たちは物語を生きている。誰もが主人公です。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

東伯講演会in奈良・華甍

 『イナリコードを生きる』

イナリコードは生き物だ。

イナリコードとは、稲荷に隠された暗号のことだが、暗号は予言でも

あり、その予言に息吹を与え、まるで生き物のように展開されて行く

ものだ。だからイナリコードとは言霊でもある。

宇宙の意思と言うか、天の采配と言うか、驚くほどに緻密で、

これほど無駄なく進むものなのかと感心させられる。

イナリコードは、太礼の門を潜った人たちに微妙な波動を与え始めて、

その人たちが太礼の神事にまつわることで霊的進化に歩みを進める

ことになる。 その人たちは時に、騒動の渦に巻き込まれたりして、

窮地に立たされたりすることもある。 しかし天は粋な計らいをする

ものだ。それぞれの人たちの性格や行動パターンを巧みに利用し、

未来の真の創造に向けての型示しのお役目をさせる。そのお役目を

まっとうすることで霊性の向上にむけて前進するのだ。太礼神事は

未来の型示しをする神劇のようなものである。

それが現実のものとして顕現するのにタイムラグがあるが、遅かれ

早かれ起こることになる。

 さて、昨年の暮れのイナリコード講演の顛末はこの度の天香具山

における竹取り神事で証明された。昨年のイナリコード講演の内容は

ブック化テキストにまとめてあるが、そのテキストの顛末の詳細を

今回のイナリコード講演でお伝えしたいと思う。

シャンバラの扉は開かれたのだ。

 後は貴殿方一人一人がどうするか?にある。

奇跡を起こす主人公となるのはあなただ!

                             東伯

●日 時/ 2014年6月22日(日) 12時より入室可能

●開 演/ 13時00分  終了/ 16時30分

●会 場/ 今井まちなみ交流センター『華甍(はないらか)』

    奈良県橿原市今井町

   (近鉄橿原線八木西口駅下車 徒歩5分)

●講 演/『太礼道神楽伎流』宗家 東伯(とうはく)

●主 催/『東伯俱楽部』

●講演費/ 5000円 (事前振込み制。当日は5500円)

※準備の都合上3日前までのお申込み→事振込をお願いしています。

●お問合わせ・お申込み/

  太礼道神楽伎流事務局 奥田沙羅葉(おくだ さらは)

メール/sararaseiten5719@softbank.ne.jp

 電話/090-9972-8190

――――――――――――――――――――――――

※※※お申込み/メールにて下記の項目をお知らせください。※※※

  ●お名前  ●お住まい

  ●ご連絡先(お電話 携帯 メールアドレス)

  ●お振込み予定日 ・懇親会のご希望